教育 未来について

家族の未来について教育するということ

 現在、日本は核家族で世帯を営んでいます。1部では2世帯同居の形もありますが、まだまだ核家族が主体です。多国籍の人が永住して結婚することもありますし、夫婦別姓を選択する人もいるようです。日本の中において、家族の形は多様化しているのです。 さて、そう考えると、家族とはなんでしょうか。周りを見渡して見ても、色々な家族の形があります。その多様な家族像にさらされ、それを自然と統合し、家族とはこういうものだと結論づけることは、難しいのではないでしょうか。そうすると、自分の家族の未来のイメージ自体もあやふやになりがちです。では、どうすればよいのでしょうか。 それは、教育で解決していくべきことです。押し付けろということではなく、多様な家族像を元に議論して、自分はどういう家族でありたいか、個々人がイメージできるように助けるのです。教え育てるというよりは、議論ができるように助け、個々人のイメージを育てるのです。そうすることで、誰もが環境に縛られずに、自由に理想の家族像を思い浮かべられるようになるでしょう。 

Copyright(c) 教育 未来 All Rights Reserved.